Vライン“自宅で処理”を選択するその前に理解すべき肌のケア!

エステ等の脱毛が身近になった現代、それでも出来る事なら自宅で!と肌処理したいと思っている女性はまだ多くいます。
ましてや、Vラインの様なデリケートゾーンになった尚の事。

なので、今日は、自宅でVラインをお手入れをする事を考えた際、にどんな方法でやれば綺麗にできるかを調べてみたいと思います。

自宅でVラインの自己処理するにはどんな方法がある?

ではVラインの処理法にはどんな種類があるのでしょうか?

①カミソリを使って処理する

これは普通に剃刀で処理をする方法なので手軽にすぐに自宅でこっそりと出来る反面、こまめに毛を剃らなければならないことや、
肌には負担がかかるので肌トラブルの原因になる可能性も大きいです。

又肌への負担を軽減する為にも、剃る前のケアや、剃刀の角度等にも気を付けましょう。
処理後は処理した部分へローションを塗って保湿し、慎重なケアが必要とされます。
肌への負担を考えると全てがお手軽とは言い難いかもしれないですが、一番てっとり早くはじめられる点ではおすすめです。

②電気シェーバーを使い処理する

道具さえあればすぐに出来るという点が剃刀と同じで誰でもやりやすい方法です。
使う前に処理しにくい場所などの毛足の長いムダ毛ははさみでカットしたり、毛を少し温め柔らかくしシェービングしやすい状態にしておきましょう。

肌表面の角質保護の為にワセリンを塗り、処理後も保湿の為にワセリンで保護します。
カミソリほど処理後のチクチクを感じなく、肌への負担も少ないですがカミソリの場合と同じようにこまめなケアを忘れない様にしてください。

③除毛クリームを使い処理

これもクリームを買ってすぐ出来、効果が長持ちなのですが、その分、皮膚へのダメージが大きいです。
またデリケートゾーンは腕や足のように見えやすい部分でもないので、ケアがしにくく菌の繁殖の原因にもなるので腕や、足等はよりリスクは高めかです。
それでもどうしても手軽にと思う場合は、少量で一部分を試した後使うか決めるのがお勧めです。

④ハサミ等でカットする

これはハサミできになる部分の毛をカットするシンプルな方法です。
だからこそカットする長さやチクチクさせない為に毛先を丸くするなどの努力も必要になります。
手軽にとは言い難いので行う際は切った後の事もよく考えて始めるといいです。

肌はデリケートだからこそちゃんとした知識を!

自宅での手入れ方法について調べてきましたが、どんな事にも共通していえることがあります。
皮膚はとてもデリケートなので、やり方や肌の知識や、処理後のケアを知らないと、肌を傷つけ新たに肌トラブルを生む原因になってしまうということです。

したがって、どの方法を選んでも、その前、後の肌へのケアを忘れないようにするのが大切です。
その事も含めて処理の方法を選ぶのも大切な事です。

色々な方法を試して自分の方法を見つけてみましょう!

道具さえあればすぐ出来るもの。
だけどそれには前後の肌ケアも欠かせないし、見えにくい部分だと綺麗にできるかの不安もあります。

確かに色々方法はありますが、やぱりどれにもやり易い点もあれば、気を付けなければいけない点もあります。
それら全てを考えると、「自宅で」という観点からは離れてしまいます。
しかし、そういう前後のケアも含めて安心感があるエステサロンの脱毛器等にも目を向けるのもある意味ではお勧めかもしれません。

どうしても不安だったら最初は腕などちょっとした所で試してみてはいかがでしょうか。
今の時代エステもいろいろなサービスがあるので、コスト面も含めもしかしたら自分が思っているよりも簡単かつ満足を得られるかもしれません。

自分の肌の機嫌を一番わかるのは、やはり自分です。
どのプラスを取り、どのマイナスを受け入れるのか、その為に一度色々な方法を試して選んでみてはどうでしょうか?